2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > Rails勉強会@東京第27回へ参上つかまつるの巻

 ← Rails 2.0・その11(セッションの情報は全てクライアントのクッキーに書かれる) | TOP | Rails 2.0・その10(ruby-debugコマンドマニュアルv.0.10.0 デバッグの方法が簡単に)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

Rails勉強会@東京第27回へ参上つかまつるの巻 

2008年02月19日 ()
Rails勉強会@東京第27回へ行って参ったでござーる。

勉強会というもの自体初めてでドキドキ学園も真っ青だったわけですが、個人的にいろいろメランコリー系の思い出のある霞ヶ関の会場に足を一歩踏み入れますと、そこはまさにメルティングポット、人種のるつぼでしたわよ。

これだけ個性豊かな方々がRailsに関わっているということは、そこに注がれるいろいろなベクトルに向かったエネルギーが放出されまくっていて、その雰囲気を味わえただけでも儲けものでした。

そしてMac率&メガネパーチャク率が高かったです。だからどうだっていう訳でもありませんが。

対照的に、電車でよく見かける光景、携帯をいじっていじってあなた携帯好きなのどんだけー?みたいな方はいらっしゃいませんでした。この点、面白いと思いました。

しかしビルの地下は改装中ですしロビー階のカフェや近くのコンビニも閉まっていて(日曜日だから?)お昼を調達できずに、空きっ腹で勉強会に参加していて泣きました。仕方なく自動販売機で売っていたカルピスぶどう味でいくらか飢えをしのぎました。

それからヽ( ・∀・)ノくまくまーさんにどえらい自己紹介用の「紙」をいただいたりしてありがたやー。

懇親会では Rails でもっと良くなりそうな箇所とか(← view 辺りがターゲットでした)、オブジェクト指向の先にはなにが待ってるのよ、というお話が展開されていて、私は田んぼに立っている案山子のように、へのへのしながら聞いていました。

とても刺激になったので、私も近いうちに何かプレゼンできるといーなー、と早くも織姫&彦星にお祈りしています。

それではまた勉強会でお会いしましょう。

【広告】

[2008.02.19(Tue) 00:56] 勉強会@東京Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rails 2.0・その11(セッションの情報は全てクライアントのクッキーに書かれる) | TOP | Rails 2.0・その10(ruby-debugコマンドマニュアルv.0.10.0 デバッグの方法が簡単に)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rails 2.0・その11(セッションの情報は全てクライアントのクッキーに書かれる) | TOP | Rails 2.0・その10(ruby-debugコマンドマニュアルv.0.10.0 デバッグの方法が簡単に)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。