2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > Rails 2.0・その16(シナリオを書いてのパフォーマンステストがし易くなりました)

 ← Rails 2.0・その17(プラグインとしていろんなメソッドを外に出した) | TOP | Rails 2.0・その15(コントローラでの例外処理をまとめて記述)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

Rails 2.0・その16(シナリオを書いてのパフォーマンステストがし易くなりました) 

2008年03月04日 ()
同じ順番で画面遷移、というかリクエストをサーバに投げるということを繰り返し繰り返し実行して平均の速度を測る、という作業が楽になりました。

手順としては、

1.ファイルにどのようなリクエストをどの順番でサーバに投げるか、を書く。
2.script/performance/request を実行する。

まず1.のやり方ですが、

Railsのマニュアルを見ながら、せっせこせっせことシナリオをテストしたい順番通りに書いていきます。

get_via_redirect '/'
get_via_redirect '/people'
post_via_redirect '/people', :person => {:name => 'Mike', :age => 23}



シナリオを書いたらどこでもいいからファイルに保存します。そして、2.のコマンドを打って差し上げましょう。

script/performance/request -n 5 シナリオファイル名



-n の後ろの数字が、何回シナリオを繰り返すか、です。

そうすると

0.96 sec, 4 requests, 4 req/sec

Profiling 5x
x....
6.95 sec, 20 requests, 2 req/sec



なんて感じに無事に表示されました。やれやーれ。

【広告】

[2008.03.04(Tue) 01:55] [2.0]テストTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rails 2.0・その17(プラグインとしていろんなメソッドを外に出した) | TOP | Rails 2.0・その15(コントローラでの例外処理をまとめて記述)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rails 2.0・その17(プラグインとしていろんなメソッドを外に出した) | TOP | Rails 2.0・その15(コントローラでの例外処理をまとめて記述)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。