2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > Rails 2.1・その1(エッジなソースのインストール)

 ← Rails 2.1・その2(dbconsole) | TOP | Rails勉強会@東京第30回へ参上つかまつるの巻

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

Rails 2.1・その1(エッジなソースのインストール) 

2008年05月22日 ()
Special Thanks to a_matsudaさん
-------------------------------------------
久しぶりの記事は、Rails2.1の新機能から!

まずはインストールをしてみましょう。

と言っても 2.1 が正式リリースされた訳ではないので gem update rails とはできないのですよね。

[追記 08/06/02 ここから]
gem update rails ができるようになりました!おめでとう。
詳しくは私のこのエントリを参考にどうぞ。
gem update rails をした後は、↓の手順を全く行わなくてよくなります。
[追記 08/06/02 ここまで]

その代わりに、rails アプリの vendor/rails ディレクトリの下に、Rails2.1版のソースコードをコピーします。

コピーの方法は、主に2通りあると思いますよ。

1.git でソースコードを持ってくる
2.git がインストールされていないので手動でソースコードを持ってくる

※ git とは、バージョン管理システムです。cvs, subversion, vss っぽいヤツです。っぽいといってもプロから言わせると全然別物らしいですが。


■1.git でソースコードを持ってくる

1-1.rails 2.0.2がインストールされているマシンで取り敢えず rails アプリを作ります

# rails edge



1-2.作った rails アプリの vendor ディレクトリに移動します

# cd edge/vendor



1-3.Rails2.1 RC1のページで、Clone URLと書いてある git アドレスを使ってソースコードをコピーしてくる。(その前に git アプリがインストールされてなくてはならんですけどね。)

# git clone git://github.com/rails/rails.git



1-4.コピーが必要なファイルを自動的にコピらせます。

# rake rails:update

↓が表示された。script/dbconsole がインストールされたらしい。がその他色々な箇所が更新されている。
install -c -m 0755 /home/roruser/edge/vendor/rails/railties/lib/tasks/../../bin/dbconsole script/dbconsole



1-おまけ1.rails ディレクトリの内容を最新にしたい時は vendor/rails ディレクトリで、次のコマンドを入れます。

# git pull



1-おまけ2.rails ディレクトリの内容をあるバージョンまで更新して、それ以上更新させないようにフリーズさせるには、 vendor/rails ディレクトリで、次のコマンドを入れます。

# git checkout バージョン(タグ)名


バージョン名の例として、今回は 2.1 の RC ですから、all tagsというところを参考にして、
v2.1.0_RC1
を使用するので
git checkout v2.1.0_RC1
と打っておくとよいかもしれませんね。




■2.git がインストールされていないので手動でソースコードを持ってくる

2-1.rails 2.0.2がインストールされているマシンで取り敢えず rails アプリを作ります

# rails edge



2-2.作った rails アプリの vendor ディレクトリに移動します

# cd edge/vendor



2-3.Rails2.1 RC1のページで、ダウンロードボタンのリンク先(http://github.com/rails/rails/tarball/v2.1.0_RC1)からアクセスできるURLの tar ファイルをゲットします。

# wget http://github.com/rails/rails/tarball/v2.1.0_RC1



2-4.ゲットした tar ファイルをそのまま解凍して、rails ディレクトリという名前に変更します。

# tar zxvf rails-rails-長い文字列.tar.gz
# mv rails-rails-長い文字列 rails



2-5.ゲットした tar ファイルを消します。

# rm rails-rails-長い文字列.tar.gz



2-6.コピーが必要なファイルを自動的にコピらせます。

# rake rails:update

↓が表示された。script/dbconsole がインストールされたらしい。がその他色々な箇所が更新されている。
install -c -m 0755 /home/roruser/edge/vendor/rails/railties/lib/tasks/../../bin/dbconsole script/dbconsole



2-おまけ.rails ディレクトリの内容を最新にしたい時は、またRails2.1 RC1のページで新しい tar.gz ファイルをダウンロードしてきて上の手順を繰り返しましょう。


でーす。ちょっと勇気を出せば簡単ですね。

【広告】

[2008.05.22(Thu) 18:58] [2.1]その他Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rails 2.1・その2(dbconsole) | TOP | Rails勉強会@東京第30回へ参上つかまつるの巻

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rails 2.1・その2(dbconsole) | TOP | Rails勉強会@東京第30回へ参上つかまつるの巻
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。