2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > Rails 2.1・その5(model の値変更を覚えている)

 ← Rails 2.1・その6(named_scope がアツい) | TOP | Rails 2.1・その4(db migration ファイルのバージョンがUTC日付に)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

Rails 2.1・その5(model の値変更を覚えている) 

2008年05月28日 ()
Special Thanks to a_matsudaさん
-------------------------------------------
モデルの値を変更した後、セーブする前に、実際に変更したかどーだかなどという情報を参照できます。

↓いきなりまとめ

changed? :モデルの値を変更したかどうか
[カラム名]_changed? :モデルの指定したカラム名の値を変更したかどうか
[カラム名]_was :モデルの指定したカラム名の変更前の値
[カラム名]_change :モデルの指定したカラム名の変更前と後の値
changed :モデルの変更したカラム名のリスト
changes :モデルの変更したカラム名のリストと、変更前と後の値
[カラム名]_will_change! :モデルの指定したカラムの値を、= 以外の手段で変える場合に必要



例を使うと分かりやすいですね。

p = Person.first
p.name # => "yasushi"
p.changed? # => false
# もともと入っていた値と同じ値を入れても変更扱いにならない
p.name = "yasushi"
p.changed? # => false
# もともと入っていた値と違う値を入れると変更扱いになる
p.name = "kiyoshi"
p.changed? # => true

p.name_changed? # => true
p.age_changed? # => false

p.name_was # => "kiyoshi"

p.name_change # => ["kiyoshi", "yasushi"]
p.age_change # => nil

# さらに age カラムの値も変える
p.age # => 49
p.age += 1 # => 50

p.changed # => ["name", "age"]
p.changes # => {"name"=>["kiyoshi", "yasushi"], "age"=>[49, 50]}

# 注:↓のやり方だと = で値を代入していないので、変更扱いになりません!!
p = Person.first
p.name # => "kiyoshi"
p.name.replace("yasushi")
p.changed? # => false
p.save # DBの値は更新されない
# なのでこの場合は、[カラム名]_will_change! を使います
p = Person.first
p.name_will_change!
p.name # => "kiyoshi"
p.name.replace("yasushi")
p.changed? # => true
p.save # DBの値が更新される



お・ま・け!

唐突なダンキチ&ナヲミのおまけコーナーですが、↑の例で p.save をすると、変更していないカラムにも update が走りますが、変更したカラムだけ udpate を走らせたい場合

config/initializers ディレクトリにテキトーな名前のファイルを作って

ActiveRecord::Base.partial_updates = true



を書きます。

参考ブログ
Living on the edge (of Rails) #14 - the extreme edition. Extremely late.
What's New in Edge Rails: Dirty Objects
Tracking Attribute Changes

【広告】

[2008.05.28(Wed) 14:38] [2.1]active_recordTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rails 2.1・その6(named_scope がアツい) | TOP | Rails 2.1・その4(db migration ファイルのバージョンがUTC日付に)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rails 2.1・その6(named_scope がアツい) | TOP | Rails 2.1・その4(db migration ファイルのバージョンがUTC日付に)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。