2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > Rails 2.1・その11(created_at updated_at カラムを自由自在)

 ← Rails 2.1・その12(DBに登録してあるUTC日付データを簡単変換) | TOP | Rails 2.1・その10(gemの依存関係を明示的に指定)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

Rails 2.1・その11(created_at updated_at カラムを自由自在) 

2008年06月04日 ()
今回はちょいネタで。

migration ファイルで、テーブルを作成する場合に t.timestamps なんていう感じに指定すると、created_at カラムや updated_at カラムを追加してくれますが、

これを、後から追加したり削除したりするのに簡単な書き方があります。その名も add_timestampsremove_timestamps

例えば、people テーブルにこいつらを追加し忘れたぁ、なんて時は、次のようなマイグレーションファイルなんていかが?

class Timestamps < ActiveRecord::Migration
  def self.up
    add_timestamps :people # people テーブルに2カラム追加
  end

  def self.down
    remove_timestamps :people # people テーブルから2カラム削除
  end
end



【広告】

[2008.06.04(Wed) 15:09] [2.1]active_recordTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rails 2.1・その12(DBに登録してあるUTC日付データを簡単変換) | TOP | Rails 2.1・その10(gemの依存関係を明示的に指定)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rails 2.1・その12(DBに登録してあるUTC日付データを簡単変換) | TOP | Rails 2.1・その10(gemの依存関係を明示的に指定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。