2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > MATZ コードの世界を読んで【第2章 オブジェクトについて】

 ← rubyでハッシュのハッシュのハッシュとかを簡単に作る方法 | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第1章 私はなぜRubyを開発したのか】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

MATZ コードの世界を読んで【第2章 オブジェクトについて】 

2009年08月17日 ()
まつもとゆきひろ コードの世界~スーパー・プログラマになる14の思考法

オブジェクト指向は人類の歴史から見れば比較的新しい概念ではあるものの、コンピュータの進化が早いためもう古いというか一般に広く知れ渡った概念かと思います。

この章で印象に残ったのは、オブジェクトは必ずしも現実世界の「モノ」を表すわけではない、ということと、method_missingでした。

(他の内容は脳がバッファオーバーフローになりそうなので自分の記憶に残しませんでしたorz)

method_missing の動作を確かめたくて以下のようなコードで遊んでみました。

class Class1
    def method_missing(m, *args)
        puts "method '#{m.to_s}' for class '#{self.class}' is not defined"
    end
end

class1 = Class1.new
class1.undefined_method



なんかマンスイーパーの爆弾のところを method_missing に該当させるような1メソッドが1マスを表す変態クラスを作ってみたくなりました。

【広告】

[2009.08.17(Mon) 13:20] MATZTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← rubyでハッシュのハッシュのハッシュとかを簡単に作る方法 | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第1章 私はなぜRubyを開発したのか】

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← rubyでハッシュのハッシュのハッシュとかを簡単に作る方法 | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第1章 私はなぜRubyを開発したのか】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。