2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > rubyでハッシュのハッシュのハッシュとかを簡単に作る方法

 ← Rubyでカーソルを勝手に動かして文字を上書きしてみる | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第2章 オブジェクトについて】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

rubyでハッシュのハッシュのハッシュとかを簡単に作る方法 

2009年08月20日 ()
Perlだと、特に宣言なしに、

$a{'size'}{'upperbody'}{'chest'} = 100;



とか出来るのに Ruby だといちいち Hash.new() など宣言しなくてはならず不便です!

しかし以下のおまじないを唱えると、ハッシュのハッシュのハッシュとかを一気に宣言できちゃって便利ったらありゃしません。

my_hash = Hash.new{|h,k| h[k]=Hash.new(&h.default_proc)}

my_hash[:size][:upperbody][:chest] = 100
my_hash[:size][:egg] = 'XL'

my_hash =>
{:size=>{:upperbody=>{:chest=>100}, :egg=>"XL"}}



というのが使い方で、とっても便利ですね、いろんな場面で使えそうです!


以下は、なんでーそうなるの?と個人的に追っていった考察メモです。こんな考察するなんて私って粘着質ですね。

まず、Hash.newの引数にブロック(上の例でいうと{|h,k| h[k]=Hash.new(&h.default_proc)})を与えるってどういうこと?についてですが、

rubyオンラインマニュアル

値が設定されていないハッシュ要素を参照するとその都度ブロックを実行し、その結果を返します。ブロックにはそのハッシュとハッシュを参照したときのキーが渡されます。

とあります。

つまり
my_hash = Hash.new{|h,k| h[k]=Hash.new(&h.default_proc) }
my_hash[:aaa] = 'bbb'

とした時点で、
my_hash[:aaa] = Hash.new()
my_hash[:aaa] = 'bbb'
もやってくれるし、さらに一階層深いハッシュが作られた場合にHash.new()をする準備、例えば以下のようなこと
my_hash[:aaa][:aaa2] = Hash.new()
をしてくれる準備も整ってるよ、という状態になります。うまく言えないけど、そんな感じ。

上記の
&h.default_proc
という部分が
{|h,k| h[k]=Hash.new(&h.default_proc) }
を指しているから再帰的に処理される訳ですね。うまく言えてないなあ。でもそんな感じ。

これ考えた人天才だわ。

参考サイト
http://www.ruby-forum.com/topic/130324
http://snippets.dzone.com/posts/show/4146


【広告】

[2009.08.20(Thu) 09:28] Rubyの文法Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← Rubyでカーソルを勝手に動かして文字を上書きしてみる | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第2章 オブジェクトについて】

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← Rubyでカーソルを勝手に動かして文字を上書きしてみる | TOP | MATZ コードの世界を読んで【第2章 オブジェクトについて】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。