2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 【Rubyでアクセス解析 その2】githubに登録しました

 ← 【Rubyでアクセス解析 その3】機能を絞る | TOP | 【Rubyでアクセス解析 その1】手始めに

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【広告】

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ

【Rubyでアクセス解析 その2】githubに登録しました 

2010年10月25日 ()
やべぇ何にも前に進んでないんですけど。
なので、githubにプロジェクトを登録してどんどん前に進めるように環境を整えることにしました。

とは言っても、現段階でgithubに登録したのは空のプロジェクトですけど。

しかもファルファッレといういかにも適当につけましたというプロジェクト名にしました。リングィーネの方が良かったかな?といらぬ心配。

以下にgithubにプロジェクトを公開するまでの手順をメモっておきます。

# githubで新しいプロジェクト名を登録してから以下の手順を行う。今回は「farfalle」というプロジェクト名にした
# 追加しようとしているプロジェクトのルートディレクトリに居るという仮定で以下を始めます。
vi README
git add README
git commit -m ' empty repo version to kick off' # ここは適切なコメントを入れるのです
git remote add origin git@github.com:rorkaido/farfalle.git # 「rorkaido/farfalle.git」の部分は適宜変えないといけない
git push origin master
git tag v0.1 # タグも付けてみるけど、毎回のコミットにタグを付ける必要はない
git push origin v0.1




以下のコマンドで今回までのプロジェクトを取得することができます。

git clone http://github.com/rorkaido/farfalle.git
cd farfalle/
git checkout v0.1



次こそは、何かしらのコードを書いていきたい。一年後ぐらいか?!

【広告】

[2010.10.25(Mon) 00:14] Rubyでアクセス解析Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ

 ← 【Rubyでアクセス解析 その3】機能を絞る | TOP | 【Rubyでアクセス解析 その1】手始めに

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 【Rubyでアクセス解析 その3】機能を絞る | TOP | 【Rubyでアクセス解析 その1】手始めに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。