FC2ブログ

2019.09 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2019.11
TOP > CATEGORY > RubyOnRails(View・ERb)

BACK | TOP

スタイルシートをインクルードする 

rails では、スタイルシートstylesheetタグを記述するのに、stylesheet_link_tag を使います。

stylesheet_link_tag は、最初の方のオプションがファイル名、最後の方のオプションが属性名と属性値になります。

ファイル名の拡張子は省略できます。その場合、.css が勝手にファイル名のおしりに付きます。

ファイル名のディレクトリ名は省略できます。その場合、/stylesheets/ が勝手にファイル名のあたまに付きます。

例を見ていきましょう!

1~3は、結局全部同じタグになります。

4だけ仲間はずれです。

1.ファイル名の拡張子もディレクトリ名も省略


<%= stylesheet_link_tag "honyarara" %>
<link href="/stylesheets/honyarara.css?1175827191" rel="Stylesheet" type="text/css" />



2.ファイル名のディレクトリ名を省略


<%= stylesheet_link_tag "honyarara.css" %>
<link href="/stylesheets/honyarara.css?1175827191" rel="Stylesheet" type="text/css" />



3.ファイル名の拡張子もディレクトリ名も律儀に全部書く


<%= stylesheet_link_tag "/stylesheets/honyarara.css" %>
<link href="/stylesheets/honyarara.css?1175827191" rel="Stylesheet" type="text/css" />



4.ディレクトリ名を絶対パスで指定


<%= stylesheet_link_tag "/honyarara.css" %>
<link href="/honyarara.css?1175827191" rel="Stylesheet" type="text/css" />



ファイル名の後ろに ?1175827191 とありますが、これはスタイルシートファイル自身のタイムスタンプです。これも勝手に付きます。

こういうタイムスタンプが付くことで、新しいファイルになったらブラウザにキャッシュされている古いファイルは無視して、新しいファイルを読み込むようになります。いろいろ考えてありますね、rails は。



5.属性名と属性値を付けた場合


<%= stylesheet_link_tag "honyarara", :media => "all" %>
<link href="/stylesheets/honyarara.css?1175827191" media="all" rel="Stylesheet" type="text/css" />



ここで、media 属性って何?rails 特有のものなのか?と思って調べましたよ奥さん。

そしたら、rails 特有のものではないようです。一般的な html に使われるようです。

詳しくは↓
http://www.w3.org/TR/html4/types.html#type-media-descriptors

まあ、要するに以下の属性値のどれかが設定できます。通常は、all で事足りるようです。
screen
tty
tv
projection
handheld
print
braille
aural
all


では、さらば。

【広告】

[2007.07.31(Tue) 00:21] RubyOnRails(View・ERb)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

h( ... ) でHTMLエンコード 

2007年06月20日 ()
HTMLの中に、タグ文字やダブルクォーテーションやアンドを属性値の値とか、テキストとして書けないのは、いわゆるWeb制作者にとってみれば常識なのですが、ERbでは、それを h メソッドで行います。

通称、HTMLエンコードとか、HTMLエスケープとか呼ばれているのを聞いたことがありますよ。早速例を。

<%= h(myStr) %>



てな感じにしてあげると、

& は、 &amp; に
" は、 &quot; に
<は、 &lt; に
>は、 &gt; に

変換されます。

h の代わりに html_escape と書いても同じ効果です。

<%= html_escape(myStr) %>



個人的には h が好きなので h と書くように決めました。

ちなみに URL Encode の方法はこちらから。

【広告】

[2007.06.20(Wed) 00:01] RubyOnRails(View・ERb)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

-%> ハイフンパーセントで閉じる 

2007年06月14日 ()
変数に入っている文字列とか、文字列そのものを画面に表示するときには、

<%= "文字列" %>



を使いますが、その直後に改行を入れて後に続けると、つまり、

<%= "文字列" %>
abc



をすると、ブラウザでアクセスした時の、HTMLソースは、"文字列"の次に改行が入ります。(当たり前?)

その改行を入らなくするために、ハイフンパーセントを使いましょう。

<%= "文字列" -%>
abc



そうすると、HTMLソースは、"文字列"の次に改行が入らないで、いきなり"abc"と続きます。

まあ、だからどうした?といわれそうですが、ERbをメール本文に埋め込むとかの用途があったら便利そう、と思ったもので・・・

【広告】

[2007.06.14(Thu) 02:31] RubyOnRails(View・ERb)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

ERbで文字列を出力 

2007年06月12日 ()
文字列を出力するときには、ERbでは、

<%= "文字列" %>



と書きます。

以上です。それだけです。内容が超薄い今回のエントリでした。

【広告】

[2007.06.12(Tue) 19:45] RubyOnRails(View・ERb)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ

BACK | TOP